登場人物

夜明けの青き竜

レスター

本作の主人公
「双竜傭兵隊」を発足し、隊長を務める。
真面目な性格で部下思いであり、周囲の信頼は厚い。
名門貴族カドル家の生まれだが、少年時代に父が原因で没落したことで、亡き父へのわだかまりがある。

燻り続ける赤き竜

アルヴァ

双竜傭兵隊の発足以前からレスターとコンビを組んでいた相棒。
ウェスタの民の現状を憂いており、剣の道で身を立てて移民達の立場を改善させようと考えているが、 傭兵隊に舞い込む仕事は不本意な「不法移民狩り」が主体で辟易している。
そのため、今はややシニカルな性格となり、レスターとは衝突しがち。

癒しの聖女

キャスリン

傷つく者や貧しい暮らしの中で病に侵された者達は、王国人、移民、不法移民を分け隔てなく癒しの術で支援している司祭の少女。
貴族階級の出身で、レスターとは幼馴染。
穏やかに見える佇まいとは裏腹に、思い込んだらどんな危険地帯にも単身で向かう危うい一面を持っている。

竜に寄り添う赤き蕾

フェイ

アルヴァの妹で、王国内では一般市民として生活している少女。
魔術の才能があり、将来的には傭兵隊に加わってアルヴァの助けになりたいと考えている。
故郷であるウェスタへの憧れは人一倍強く、民族衣装や髪型に強く拘り、それが思わぬトラブルを生む事も。

優しき光の賢人

ダルトン

レスターの父レジナルドの代にレスターの家に仕えていた下級神官。
隊では一番の常識人且つ知識人で、癒しの術により隊の活動を支える。
レスターが父親に反感を抱いているのは知りながらも、それを諭すことはなく、いつか自分で分かる日を待ちながら見守っている。

疾風の傭兵娘

コニー

ポジティブで明るい、隊のムードメーカーの少女。
手先が器用で、機械弓の扱いが得意。宝箱に仕掛けられた罠を解除する等の技能で活躍する。
王国の国民だが家は貧しく、差別的な扱いを強いられてきた移民達には共感を抱いている。

紅蓮の淑女

メリッサ

移民の女魔術師。クールで人当りはきつめだが、仲間内には優しい性格。
ファッションに拘る性格で著名な衣裳デザイナーとして、移民としては珍しく王国内で裕福な暮らしを成り立たせている。
それ故に王国人の貧民層からは嫉妬されており、王国内で怪物を操る邪教徒の噂が広まると、あらぬ告発を受けてしまうことに。

◆株式会社ヘカトンケイル様について

http://hect.jp/about

フリーランスのゲームグラフィックデザイナー・西村将由氏が運営する会社法人。
ギリシャ神話に登場する100本の腕と50の頭を持つ巨人族の名前を由来とし、 イラスト、ドット絵、キャラクターデザイン、 アニメーション等、2Dデザインで幅広く活躍中。